肩こり

肩こり 肩こり
スポンサーリンク
未分類

胸郭出口症候群

前斜角筋と中斜角筋との間・鎖骨と肋骨の間・小胸筋の下層を通過する腕神経叢と鎖骨下動脈・鎖骨下静脈が絞扼・圧迫を受ける可能性があります。その結果、神経障害や血管障害をきたします。
筋肉解説

肩こりの人必見!僧帽筋を解説

肩こりの人が必ずと言っていいほど、硬くなっている筋肉と言えば、僧帽筋です。僧帽筋は背中、肩、首に広く分布しています。今回は僧帽筋について解説していきます。
未分類

頭痛持ちの方必見 頭痛の種類と見分け方

頭痛には様々な種類があります。血管拡張型、緊張型頭痛などの一次性頭痛、脳の器質的障害による頭痛などの二次性頭痛などです。理療の分野で適応となるものは、前者の慢性機能性頭痛となります。
肩こり

五十肩でお悩みの方必見、ポイントは3か所

腕を挙げると、または腕を後ろに回すと肩が痛む、いわゆる五十肩。五十肩を見ていくにあたって、ポイントは手首・前腕・肩甲骨の3か所が非常に大事です。
肩こり

腕のしびれ ただの肩こりではないかも

腕のしびれ ただの肩こりではないかも 肩こりでお悩みの方は、非常に多くいらっしゃいます。特に女性に多い傾向です。 その中で、腕にしびれを訴える患者様がいらっしゃいます。このような方は胸郭出口症候群の可能性があります。 今回は胸...
肩こり

アナトミートレインの臨床での活用

痛みの原因を評価すると、必ず筋連結を意識して施術を行っていきます。その際に参考にするのがアナトミートレインです。4つの主要なラインをはじめ、12の筋連稀有で構成されています。筋連結を意識するかどうかで、治療効果が大きく変わります。
肩こり

腕を揉めば慢性肩こりが良くなる

慢性肩こりと腕の緊張は大きな関わりがあります。パソコンのキーボード入力の姿勢は、慢性肩こりの原因となります。腕のストレッチを行うことで、慢性肩こりを解消しましょう。
肩こり

巻き肩の原因になりやすい ~前鋸筋~

脇の下には、肩こりに深く関係する筋肉がいくつもあります。その中のひとつに前鋸筋があります。縁拠金が硬くなると、巻き肩となってしまい、肩こりを誘発します。
肩こり

鎖骨の下を揉めば肩こりは治る

肩こりと実は関係が深い鎖骨の下。小胸筋をほぐすことで、あなたのつらい肩こりが治ります。今回は小胸筋についてお伝えしていきます。
肩こり

肩こり解消 肩以外の3か所に注目

肩こりと言っても、肩そのものが原因となっていることは、ほとんどありません。肩以外の部分を治療していくことで肩こりが劇的に改善されます。
スポンサーリンク
いずみ治療院をフォローする