スポンサーリンク
膝痛

変形性膝関節症(膝OA)

変形性膝関節症とは、主に加齢による膝の関節軟骨が進行性に摩耗・変化し、その結果軟骨・骨の破壊及び増殖性変化を起こすものです。関節痛、関節水腫、可動域制限、変形などが随伴症状として現れます。
東洋医学

東洋医学の病理/経脈病証

経脈病証において、どの経脈の病証か、経脈の流注、その経脈の属する臓腑の生理機能を知る、事は非常に重要です。
東洋医学

東洋医学の病理/臓腑弁証

臓腑の病では、その所属する経脈や関連する経脈の流注上に圧痛、硬結、陥下、寒熱、知覚異常などの反応が現れ、診断上重要な意義を持つとともに、その病に対する治療部位ともなります。
東洋医学

東洋医学の病理/気血津液弁証

今回は東洋医学において、とても重要な気・血・津液の病理、病証についてです。気・血・津液が不足したり、逆に有り余って停滞したりしても病的な状態に陥ってしまいます。
東洋医学

東洋医学の病理・病証

東洋医学的な診察法(望診・聞診・問診・切診)を用いて、導き出された病像を「証」といいます。 また、診察・診断・治療方針の決定・実際の治療という流れで進めていかれますが、東洋医学ではこの過程を「弁証論治」といいます。この弁証論治の弁証とは、証を決めることです。
東洋医学

東洋医学的診察法

東洋医学において診断の目的は、証を決定することです。その証を決定するために様々な情報が必要となります。その情報を集めるために行われる診察法には4つあり、四診といわれています。
東洋医学

東洋医学の疾病観

東洋医学では、内因・外因・不内外因といった様々な要因によって、正邪の盛衰が起こり、身体の調和が保たれなくなることにより、病に侵されると考えられています。
東洋医学

東洋医学/経絡と経穴

体が病に罹ったり、不調が起こると経絡上に圧痛・硬結・陥下などの反応が現れます。この反応点に対して施術を行うことで、その経絡上にある離れた場所の症状を改善させることもできるのです。
東洋医学

東洋医学における臓腑

東洋医学において、臓腑とは単に臓器ということだけではなく、心身の総体的な機能を意味し、臓腑の生理機能及び病の際に現れる徴候を総称して臓象といいます。 臓腑に病があれば、その属する経脈に反応が現れるのです。
東洋医学

東洋医学の生理観

東洋医学では、私たちの生活でよく目や耳にする言葉が出てきます。しかし、それらのほとんどが現在の私たちの解釈とは異なります。これらをきちんと理解しなければ、東洋医学を正しく理解できません。ここでは、東洋医学の生理観を取り上げていきます。
スポンサーリンク