東洋医学の病理/臓腑弁証

スポンサーリンク
東洋医学

Contents

臓腑弁証 

臓腑の病では、その所属する経脈や関連する経脈の流注上に圧痛、硬結、陥下、寒熱、知覚異常などの反応が現れ、診断上重要な意義を持つとともに、その病に対する治療部位ともなります。

肝の病理と病証 

肝の病理 

疏泄の失調 

  • イライラする(急 
  • 怒りっぽい(易怒) 

蔵血の失調 

  • 筋の痙攣 
  • 視力低下 

その他 

  • 目・筋・爪などの異常も起こる  

肝の症状 

頭痛、眩暈、目の症状、イライラ、怒りっぽい、梅核気、筋の異常、爪の異常、脈弦 

肝の病証 

肝気鬱滞(肝気鬱結) 

  • 肝の病+気滞 
  • ため息
  • 梅核気・・・咽喉の閉塞感
  • 乳房の脹痛 

肝火亢進(肝火上炎) 

  • 肝気鬱滞が長く続いたり激怒して肝火が生じ、上炎した病証 
  • 実熱・血熱の症状に近い 
  • 顔面紅潮、便秘、舌質紅、舌苔黄、脈弦数 

肝血虚 

  • 顔面蒼白
  • 舌質淡
  • 脈細 

肝陰虚 

  • 肝血虚の症状+乾燥・虚熱(陰虚) 
  • 肝の症状:目の乾燥、胸脇痛、手足のひきつり 
  • 陰虚:五心煩熱、盗汗、口や咽頭の乾き、舌質紅、舌苔少または無苔、脈細数 

肝陽亢進(肝陽上亢) 

  • 肝陰虚または肝腎陰虚(肝虚が原因で腎虚になる)により肝の陽気が制御できない 
  • 肝火亢進が長引き肝陰が消耗したりして、肝陰虚・肝腎陰虚の症状が引き起こされる
  • 腰や膝がだるく力が入らない(腰膝酸軟)・・・腎虚 
  • 陰虚+上部の熱症状
  • 内風
  • 振戦、痙攣

※熱症状の主な原因 

肝陰虚
肝腎陰虚
肝火亢進
肝風 

肝胆湿熱 

  • 黄疸
  • 舌苔黄膩
  • 脈弦滑数
  • ため息 

その他 

肝の疏泄機能の失調により 

  • 肝脾不和(脾の運化機能を失調させる) 
  • 肝気犯胃(胃の働きを阻害する) 
  • 肝火犯肺(肺の宣発機能を阻害する 

心の病理と病証 

心の病理 

  • 心拍や呼吸の異常 
  • 臓腑の統括が困難 
  • 精神活動の障害、不眠、健忘 
  • 心悸、怔忡 
  • 顔・舌・汗などの異常 

心の症状 

心悸、怔忡、心煩(胸苦しく、嘔気)、胸痛、胸悶、不眠、多夢、健忘、舌の異常(味覚障害、言語障害)、発汗異常 

 

心の病証 

心気虚 

心気の不足による虚弱病証 

  • 心悸
  • 胸悶
  • 息切れ
  • 倦怠感
  • 自汗(何もしていなくても汗が出る)
  • 舌質淡
  • 脈細弱 

心陽虚(心の病+気虚+寒症状) 

  • 心悸
  • 胸痛
  • 胸悶
  • 息切れ
  • 倦怠感
  • 懶言(物憂い話しかた)
  • 寒がり
  • 四肢の冷え
  • 舌質淡白
  • 脈細沈遅または血脈・代脈(不整脈) 

心血虚 

  • 心悸
  • 不安感
  • 不眠
  • 多夢
  • 眩暈
  • 健忘
  • 顔面蒼白
  • 舌質淡
  • 脈細弱 

心陰虚 

  • 心悸
  • 不安感
  • 不眠
  • 多夢
  • 健忘
  • 五心煩熱
  • 盗汗
  • 舌質紅
  • 脈細数 

心火亢進 

  • 心悸
  • 胸部の煩熱感
  • 不眠
  • 焦燥感
  • 顔面紅潮
  • 口渇
  • 尿赤
  • 便秘
  • 舌質紅
  • 脈実数 

心脈阻滞(心血瘀阻) 

  • 心悸
  • 胸部圧迫感
  • 胸部の固定性の刺痛
  • 背部に放散する胸痛
  • 不安感
  • 唇が紫色、
  • 質紫暗
  • 脈濇 

脾の病理と病証 

脾の病理 

運化の失調 

  • 消化吸収の異常 

昇清の失調 

  • 内臓下垂 

統血(固摂の作用)の失調 

  • 各種出血症状 

その他 

  • 口・唇・肌肉などの異常 

脾の症状 

食欲不振、腹部膨満感、腹痛、消化不良、泥状便、内臓下垂、出血傾向、血便、崩漏(不正性器出血)、肌肉のやせ、四肢の無力、口や唇の異常、涎の分泌異常、味覚異常、浮腫 

脾の病証 

脾気虚 

  • 運化機能の失調 
  • 昇清機能の失調
    脾気下陥(中気下陥)・・・脾気虚が悪化し内臓下垂 
  • 固摂作用の失調
    脾不統血 

脾陽虚(気虚+寒症状) 

  • 脾気虚が進行して起こる 
  • 腎陽虚が脾気を失調させる 
  • 未消化便(完穀不化)
  • 舌質淡 

脾陰虚(脾の病+陰虚) 

  • の血や津液が不足して起こる 
  • 消痩(痩せ過ぎ) 

脾胃湿熱 

  • 脾胃に湿が滞り化熱して起こる病証 
  • 脂っこいものや熱いものの摂り過ぎ 
  • 重痛
  • 酸痛
  • 厭食(えんしょく)・・・食欲がなく、料理の匂いを嗅ぐのも嫌
  • 四肢が重だるい
  • 便が臭い
  • 舌苔黄膩 

肺の病理と病証 

肺の病理 

  • 呼吸の異常、気血や津液の運行の異常 
  • 鼻、皮毛などの異常 

肺の症状 

咳嗽、喘息、胸痛、胸苦しさ、痰の停滞、息切れ、発声の異常、鼻の異常(鼻汁、鼻閉)、浮腫、皮膚のかさつき、湿疹 

肺の病証 

肺の宣発・粛降の失調 

  • 宣発機能の失調
    咳嗽、噴嚏(ふんてい)、鼻閉、無汗 
  • 粛降機能の失調
    喘息、気急(咳き込むこと)、息を深く吸えない 
  • 通調水道の失調
    湿痰の停滞による浮腫、喀痰、小便不利 

肺気虚 

  • 無力な咳嗽まはた喘息
  • 息切れ
  • 声に力がない
  • 水様性の鼻汁
  • 倦怠感
  • 自汗
  • 感冒に罹りやすい
  • 舌質淡
  • 舌苔白
  • 脈虚 

肺陽虚(肺の病+気虚+寒症状) 

  • 息切れ
  • 声に力がない
  • 倦怠感
  • 自汗
  • 感冒に罹りやすい
  • 薄い痰
  • 寒がり
  • 手足の冷え
  • 舌質淡
  • 舌苔白
  • 脈虚遅 

肺陰虚 

  • 空咳
  • 口や咽喉の乾き
  • 痰は粘っこく量は少ない
  • 午後の潮熱
  • 五心煩熱
  • 盗汗・・・寝汗
  • 舌質紅
  • 舌苔少
  • 脈細数 

その他 

  • 風寒犯肺
    風寒の邪の侵襲
    表寒証の症状 
  • 風熱犯肺
    風熱の邪の侵襲
    表熱証の症状 
  • 痰湿阻肺
    湿痰が肺に停滞
    ※湿痰(むくみ)を瀉…豊隆、陰陵泉 

腎の病理と病証 

腎の病理 

蔵精の失調 

  • 成長・発育・生殖などの異常
  • 生命活動の調節の異常 

津液代謝の失調 

  • 大小便の異常
  • 浮腫 

納気の失調 

  • 深呼吸がスムーズにできない 

封蔵の失調 

  • 生理物質が漏れ出る 

その他 

  • 耳、二陰(肛門・尿道)
  • 骨、髄、髪などの異常 

腎の症状 

発育の遅れ、活動低下、抵抗力低下、早老化、陽萎(インポテンス)、遺精(滑精・夢精)、下痢、腰痛、腰や膝の軟弱化、喘息、呼吸困難、健忘、耳鳴り、難聴 

腎の病証 

腎精不足 

  • 発育の遅れ
  • 性欲減退
  • 陽萎
  • 不妊
  • 閉経
  • 動作緩慢
  • 脱毛
  • 耳鳴り
  • 難聴
  • 健忘
  • 老化
  • 腰膝酸軟
  • 脈細 

腎陰虚 

  • 腰や膝の軟弱化
  • 眩暈
  • 健忘
  • 耳鳴り
  • 難聴
  • 尿量減少
  • 五心煩熱
  • 盗汗
  • 口渇
  • 舌質紅
  • 脈細数 

腎気虚 

腎気不固・・・腎の固摂作用が低下

  • 遺精
  • 早漏
  • 頻尿
  • 遺尿
  • 流産
  • 帯下 

腎不納気・・・腎の納気機能が低下 

  • 喘息
  • 息切れ
  • 呼吸困難 

腎陽虚(腎の病+気虚+寒症状) 

  • 腰や膝の軟弱化と冷え
  • 眩暈
  • 健忘
  • 難聴
  • 耳鳴り
  • 陽萎
  • 不妊
  • 下痢(泄瀉)
    ※五更(鶏鳴)泄瀉
    腎陽虚、脾陽虚、脾腎陽虚で起こる 

胆の病理と病証 

胆汁の不調

  • 口苦
  • 黄疸 

胆気が虚

  • ため息
  • 不眠
  • 不安感
  • 優柔不断
  • 少しのことに驚きやすくなる 

小腸の病理と病証 

小腸の病理 

水穀の受盛と消化の失調・清濁の分別の失調

  • 下痢・腹痛・津液の停滞

小腸の症状 

下腹部痛、食後の腹脹、下痢 

小腸の病証 

小腸虚寒 

陽気の不足により温煦作用が失調 

  • 食後の腹脹
  • 下痢
  • 腹鳴
  • 腹痛
  • 腹部喜按 

小腸実熱

熱邪が小腸を侵襲 

  • 尿道の灼熱痛
  • 尿赤
  • 尿混濁
  • 血尿
  • 心煩
  • 舌質紅
  • 脈実数 

胃の病理と病証 

胃の病理 

受納の失調

  • 食欲不振 

腐熟の失調

  • 消化不良 

降濁の失調

  • 腹部膨満感
  • 悪心
  • 嘔吐
  • 便秘 

胃の症状 

上腹部痛、食欲の異常、曖気(げっぷ)吃逆(しゃっくり)、呑酸(胃酸が上がってきて咽で酸っぱい感じがする) 

胃の病証 

胃寒 

  • 寒邪の侵襲による実寒証 
  • 胃陽虚による虚寒証 
  • 実寒証
    上腹部の冷痛、激しい痛み、腹部拒按
     
  • 虚寒証
    上腹部の鈍痛、痛みは食後に軽減、腹
    部喜按 

胃熱 

胃の実熱証
熱邪や精神抑鬱、熱いもの・脂っこいもの・辛いものの
食べ過ぎ

  • 胸やけ
  • 嘈雑・・・胸やけなどの胃部の不快感
  • 腹部拒按
  • 食欲亢進
  • 消穀善飢・・・食後すぐに空腹感が起こること
  • 舌質紅
  • 舌苔黄
  • 脈洪数 

胃の虚熱証
胃陰虚

  • 隠痛・・・我慢できる程度の持続的な痛み
  • 嘈雑
  • 脈細数 

食滞(傷食・食積・宿食) 

  • 飲食物が胃に滞って起こる 
  • 曖気
  • 嘔吐
  • 呑酸
  • 厭食 

大腸の病証 

大腸の病証

大腸湿熱 

  • 辛い物や脂っこいものの食べ過ぎ 
  • 大腸に湿熱が停滞した状態 
  • 下痢、裏急後重(急な便意、残便感がある) 

 膀胱の病証 

膀胱の病証

膀胱湿熱 

  • 排尿を我慢することなどにより、膀胱に湿熱が停滞 

複数の臓腑の病証(臓腑相関弁証) 

心脾両虚 

  • 脾気虚が心血虚を引き起こしたもの 

肝腎陰虚 

  • 肝血と腎精との関係でも起こる(精血同源) 

心腎不交 

  • 心と腎の陰陽平衡(心腎相交)が失われた病証 

脾腎陽虚 

  • 腎陽虚または脾陽虚が長期にわたると脾腎陽虚となる 
  • 脾陽虚と腎陽虚が同時に起こっている病証 
東洋医学
スポンサーリンク
いずみ治療院をフォローする
いずみ治療院

コメント