東洋医学における臓腑

スポンサーリンク
東洋医学

東洋医学における臓腑

臓腑の概要 

東洋医学において、臓腑とは単に臓器ということだけではなく、心身の総体的な機能を意味し、臓腑の生理機能及び病の際に現れる徴候を総称して臓象といいます。

臓腑に病があれば、その属する経脈に反応が現れるのです。

各臓腑の位置・形状・生理機能 

臓は陰陽の陰に属し、実質性の器官で精を生成したり蓄えたりする働きがあり、精神活動にも関与します。

臓には肝 心 脾 肺 腎 心包があります。

腑は陰陽の陰に属し、中空性の器官で、飲食物の消化・吸収に関与します。

腑には胆 小腸 胃 大腸 膀胱 三焦があります。

 

  • 肝は将軍の官、謀慮出づ 
  • 肝は罷極の本、魂の居なり 
  • 第9胸椎に付着し右脇にある 
  • 疏泄を主る・・・疏泄とは気の運動(気機)を調節し、推動させる働き。肝の特性は昇発(上へ、外へ動く)と条達(常に伸びやかに、隅々まで行き渡らせる) 
  • 蔵血を主る・・・血を蔵し、活動時には血を与える 
  • 外邪から心身を衛る 
  • 爪は筋余 

 

  • 心は君主の官、神明出づ 
  • 心は生の本なり 
  • 第5胸椎に付着 
  • 神志を主る(神明を主る)・・・諸臓の君主として命令を出し活動させ、生命活動を維持する 
  • 血脈を主る・・・血は心によって推動される 
  • 全身の陽気を主る  ※心陽 ⇔ 腎陰 

 

  • 脾は倉廩の官、五味出づ 
  • 脾は後天の本、気血生化の源 
  • 第11胸椎に付着 
  • 運化を主る・・・消化・吸収の過程を管理する。水穀を消化・吸収し、心・肺に送り全身に巡らせる。水穀の精微から気血を化生する 
  • 気血の源 
  • 昇清を主る 
  • 統血を主る・・・気の固摂作用 
  • 営を蔵する・・・営気を蔵し、血を順調に巡らせる 
  • 肌肉(筋肉・筋腹)を主る 
  • 脾は四肢を主る 

昇清

水穀の精微を心・肺に送る 

気や血を上に上げる 

臓腑や器官の位置が下がらないようにする 

 

  • 肺は相傅(補佐する・従う)の官、治節出づ 
  • 肺は気の本 
  • 第3胸椎に付着 
  • 宣発・粛降を主る 
  • 気を主る(主気)・・・気を化生し、全身の気機を調節 
  • 呼吸を主る・・・清気を体内に導き、濁気を排出する 
  • 通調水道を主る・・・水分代謝を調節する 
  • 肺は水の上源 
  • 百脈を朝じ、治節を主る・・・血液循環を調節・管理 
  • 体表から侵入す外邪を防ぐ 

※宣発

外方・上方・全身に向かう運動

衛気や津液を皮毛および全身に散布 

※粛降

下方・清潔・静粛の運動

清気を取り込むこと、津液を腎まで下ろす 

 

  • 腎は作強(動作、労働)の官、伎巧(細やかな動作)出づ 
  • 腎は封蔵の本 
  • 第2腰椎に付着、胃の下の両側に1つずつ 
  • 精を蔵し、成長・発育・生殖を主る(蔵精) 
  • 水を主る(主水)・・・脾・肺と協調し、水液代謝を支配 
  • 納気を主る・・・清気を深く引き込み蓄える 
  • 生理物質を漏らさずに蓄える(封蔵)・・・恒常性を維持 ・脳は「髄海」といわれる 
  • 歯は骨余 
  • 髪は血余 
  • 腰は腎の府 

心包 

  • 心包は臣使の官、喜楽出づ 
  • 第4胸椎付着、心を包む膜 

 

  • 胆は中正の官 
  • 第10胸椎に付着 
  • 決断や勇気を主る・・・中立の立場で各臓腑の活動状況を監視し、その適否を決断する 
  • 胆汁(精汁)を蔵す 
  • 奇恒の腑である・・・精神機能をもっている(臓腑両面の性質を持っている) 

小腸 

  • 小腸は受盛の官、化物出づ 
  • 第1仙椎に付着 
  • 下脘穴の高さで幽門によって胃と接し、臍の上1寸の水分穴の高さで闌門によって大腸につながる 
  • 水穀の精微を取り出す・・・胃で腐熟した飲食物を受け入れ(受盛)、脾と協働して消化・吸収を行う 
  • 泌別清濁(清濁を分別する) 
  • 飲食物を水穀の精微(精)と糟粕(濁)とに変化させる 

 

  • 胃は倉廩の官、五味出づ 胃は水穀の海、六腑の大源なり 胃は五臓六腑の海なり 
  • 第12胸椎に付着 
  • 噴門部を上脘、幽門部を下脘、中央部を中脘、この3部を合わせて胃脘という 
  • 水穀の受納・腐熟を主る 
  • 降濁(通降)を主る・・・飲食物の残渣を小腸、大腸へ降ろす働き 
  • 和降・・・脾の粛清と胃の降濁とが協調することにより脾胃の機能が保たれていること 

※受納

口から食道を経て送られてきた飲食物 を受け入れること 

※腐熟

胃の内容物を粥状にする 

大腸 

  • 大腸は伝導の官、変化これより出づ 
  • 第4腰椎に付着、闌門に始まり、肛門(魄門)に終わる 
  • 糟粕の伝化を主る 

膀胱 

  • 膀胱は州都(洲都)の官、津液蔵す 
  • 気化するときはよく出づ 
  • 第2仙椎に付着 
  • 貯尿・排尿を主る・・・膀胱の働きは腎によって管理されている(腎の気化作用・固摂作用) 
  • 腎の気化作用:腎の作用で余分な水分を尿に変化させる 

三焦 

  • 三焦は決瀆の官、水道出づ 
  • 名のみありて形なし 
  • 諸気を主宰し、全身の気機と気化作用を統括する 
  • 三焦は気化が行われる場所で、気が昇降出入する通路 
  • 津液の通路として組織・器官以外の間隙すべてを三焦と認識する 
  • 上焦・中焦・下焦の三つの部位に分けられた臓腑の機能として認識する 

上焦・・・横隔膜より上(心・肺)の機能をと総合したもの 

上焦は霧の如し

中焦・・・横隔膜より下で臍より上(脾・胃)の機能を総合したもの 

中焦は嘔の如し

下焦・・・臍より下(腎・膀胱・小腸・大腸・肝)の機能を総合したもの 

下焦は瀆の如し 

奇恒の腑 

形は腑に似ているが、その働きや性質が臓に似ている器官のことです。

  •  
  •  
  •  
  • 髄・・・髄は腎精より生じ、骨髄・髄海・脊髄となる 
  •  
  • 女子胞・・・生殖作用を促進する物質(天癸)により月経・妊娠を主る。月経は衝脈・任脈の支配を受ける 
東洋医学
スポンサーリンク
いずみ治療院をフォローする
いずみ治療院

コメント