腕のしびれ ただの肩こりではないかも

スポンサーリンク
肩こり

腕のしびれ ただの肩こりではないかも

肩こりでお悩みの方は、非常に多くいらっしゃいます。特に女性に多い傾向です。

その中で、腕にしびれを訴える患者様がいらっしゃいます。このような方は胸郭出口症候群の可能性があります。

今回は胸郭出口症候群とその検査方法をご紹介します。

胸郭出口症候群

胸郭出口とは首と胸の間にある通路で、主要な血管や多くの神経がここを通って腕に抜けます。

胸郭出口症候群とは、神経・血管が筋肉や骨などで圧迫されることで、腕に痛みやしびれや生じる症状です。

血管が圧迫されてしまうため、血流が悪くなり手先が青白くなったりすることがあります。

圧迫・絞扼を受ける部位によって以下のように分類できます。

  • 斜角筋症候群
  • 肋鎖症候群
  • 過外転症候群(小胸筋症候群)
  • 頸肋症候群

斜角筋症候群

斜角筋とは耳の下側から鎖骨の方へ走る筋肉です。前斜角筋、中斜角筋、後斜角筋とがあり、前斜角筋もしくは中斜角筋の収縮によって、腕に向かう腕神経叢や鎖骨下動脈の圧迫が生じます。男女比では、女性が多く、なで肩の方に多い傾向です。

肋鎖症候群

その名の通り、肋骨と鎖骨が関係します。第1肋骨と鎖骨の間が狭くなり、斜角筋症候群同様、腕神経叢や鎖骨下動脈の圧迫が生じます。

過外転症候群(小胸筋症候群)

万歳やつり革を持つ姿勢をとったときに、腕神経叢や鎖骨下動脈の圧迫が生じます。

頸肋症候群

第7頸椎横突起が先天的に長い場合に上記同様、神経・血管を圧迫してしまいます。

胸郭出口症候群の検査方法

検査名 対象疾患 検査方法
アドソンテスト 斜角筋症候群

頸肋症候群

前方に位置し、被検者の両手は大腿にのせさせる。

両手の橈骨動脈の拍動を触知する。

拍動を確認した後、頭部を患側に回旋・後屈、さらに深呼吸させて、拍動をみる。

モーレイテスト 斜角筋症候群 後方に位置し、鎖骨上窩の斜角筋部を圧迫する。 

斜角筋部:胸鎖乳突筋鎖骨頭の停止(鎖骨内側1/3)腱より2横指程度外方。 

エデンテスト 肋鎖症候群 後方に位置し、患側上肢を下垂したまま橈骨動脈の拍動を確認。

肩を後下方に引き下げながら拍動をみる。

ライトテスト 過外転症候群 後方に位置し、肩関節90度屈曲、肘関節90度屈曲位で橈骨動脈の拍動を確認。

確認後、肩関節を水平伸展させる。

判定は、いずれのテストも、拍動の減弱もしくは消失。症状の誘発などが起これば陽性となります。

上記検査で、陽性とならない場合は、脳疾患や他の疾患の可能性もある為、気になる方は病院に行かれることをお勧めします。 

胸郭出口症候群の治療

治療は、斜角筋や鎖骨下筋、小胸筋といった場所への施術がメインになってきます。

これらの筋肉が硬くなることで、血管や神経が通るスペースが狭くなってしまいます。腕がしびれるからといって、腕をいくらストレッチしても改善は見られません。

まとめ

肩こりの方で腕がしびれる場合は、胸郭出口症候群かもしれない

胸郭出口症候群は

  •  斜角筋症候群
  •  肋鎖症候群
  •  過外転症候群
  •  頸肋症候群

治療は斜角筋、鎖骨下筋、小胸筋を緩める施術を行う

肩こり
スポンサーリンク
いずみ治療院をフォローする
いずみ治療院

コメント