巻き肩の原因になりやすい ~前鋸筋~

スポンサーリンク
肩こり

巻き肩・猫背の原因はココ

巻き肩猫背が肩こりに大きな影響を与えることは以前にもお伝えしました。巻き肩になる事で、肩や首などの周辺の筋肉が引っ張られ、肩が凝ってしまいます。

詳しくは  肩こり解消 肩以外の3か所に注目

今回は、その中の前鋸筋についてお伝えしていきたいと思います。前鋸筋とはその名の通り、鋸(のこぎり)のような形をしています。

前鋸筋について

前鋸筋とは、肋骨の外側から肩甲骨と肋骨の間に入り込み、肩甲骨の内面に付着しています。

前鋸筋の働きは
①肩甲骨を前に押し出す(肩甲骨外転)
②肩甲骨を外上方に持ち上げる(上方回旋)
③肩甲骨を内下方に下げる(下方回旋)

具体例を挙げると、日常生活動作では、モノを取る動作であったり、スポーツではボクシングなどのパンチをする際に使われる筋肉です。そのため、ボクサー筋とも呼ばれたりします。

現代人は、デスクワーク等、パソコンに向かっている時間が非常に長く、この前鋸筋が硬くなって短くなっている方が増えています。

前鋸筋による弊害

前鋸筋に異常がある場合の症状を見ていきます。今回は前鋸筋が衰えて伸ばされている場合と、前鋸筋が硬くなって短縮している場合の2つのケースを紹介します。

翼状肩甲

翼状肩甲とは、前鋸筋が衰えたり、麻痺すると、肩甲骨の内側縁や下方(肩甲骨下角)が肋骨から浮いている状態の事をいいます。天使の翼や鳥の翼のように見えるため、このように呼ばれています。

巻き肩・猫背

前鋸筋は、肋骨から肩甲骨の内側に付着しています。その為前鋸筋が硬くなり、短縮すると、肩甲骨が外に引っ張られて、巻き肩の原因となります。

巻き肩となると、僧帽筋や肩甲挙筋も引っ張られて、可動域が制限され、肩や首に痛みが出てしまうのです。

巻き肩に対するセルフケア 前鋸筋へのアプローチ

今回は前鋸筋のセルフケアをお伝えするわけですが、巻き肩の原因は他にもあります。その一つが小胸筋という、鎖骨の下にある筋肉です。前鋸筋のセルフケアを行う前に、小胸筋を緩めてから行うとより効果的なので、小胸筋のセルフケアも併せて行ってください。

こちらもチェック→ 肩こり撃退 ~鎖骨~

では、前鋸筋のストレッチをお伝えします。

①猫背にならないように、背筋を伸ばす
頭の後ろで手を組む
肘を開いていき、脇の下が伸ばされていることを感じる
呼吸を止めず、深呼吸
10秒から30秒無理のない範囲で2~3セット行う

②片方の腕を肩の高さに挙げて手をまっすぐ伸ばす
脇の窪みに反対の手の親指を当てる
残りの4本の指で、そのまま脇の外側を掴む
脇をしっかり掴んだまま、伸ばした腕をゆくっり後ろに引く
脇が伸ばされている事を感じる
ゆくっりと元の位置に戻す
この動作を1セット10回、2~3セット行う

前鋸筋が硬くなっていると、初めはかなり痛いかもしれません。無理のない程度のストレスをかけてください。前鋸筋が緩んでくれば、痛みは徐々に和らいでいきます。

毎日セルフケアを行うことで、徐々に痛みを感じなくなります。気づけば肩こりからも解放されているはずです。

肩こり
スポンサーリンク
いずみ治療院をフォローする
いずみ治療院

コメント