肩関節をしっかりと安定させる4つの筋肉

スポンサーリンク
筋肉解説

肩関節をしっかりと安定させる4つの筋肉

肩甲骨と上腕骨に付着する小円筋・棘上筋・棘下筋・肩甲下筋を総称してローテーターカフ(回旋筋腱板)と呼びます。内旋・外旋(腕を捻る動作)を語源とします。

ローテータ―カフの概要

ローテーターカフは、棘下筋以外の小円筋・棘上筋・肩甲下筋は深層に位置し、棘下筋は浅層に位置します。

ローテーターカフには、内旋・外旋の働き以外にも、肩関節の安定化にも深く関わっています。ローテーターカフがなければ、簡単に脱臼してしまいます。

ローテーターカフの起始・停止

起始・・・筋の両端のうちで筋が収縮するとき、動きの少ない端のこと

停止・・・筋の両端のうちで筋の収縮するとき、動きの大きい端のこと

小円筋 起始 肩甲骨後面の外側縁
停止 上腕骨の大結節
棘上筋 起始 肩甲骨の棘上窩
停止 上腕骨の大結節
棘下筋 起始 肩甲骨の棘下窩
停止 上腕骨の大結節
肩甲下筋
起始  肩甲骨の前面 肩甲下窩
停止  上腕骨の小結節

ローテーターカフの支配神経

小円筋 腋窩神経(C₅~C₆)
棘上筋 肩甲上神経(C₅~C₆)
棘下筋
肩甲下筋 肩甲下神経(C₅~C₆)

 

ローテーターカフの作用

小円筋
  • 外旋
棘上筋
棘下筋
肩甲下筋
  •  内旋

ローテーターカフの日常生活動作

小円筋

棘下筋

  • カーテンを開ける動作や物を投げるときに働く
  • スポーツ動作では、テニスのバックハンド
棘上筋
  • 三角筋の協力筋として腕を挙げる動作に関与
肩甲下筋
  • カーテンを閉める動作で働く

 

筋肉解説
スポンサーリンク
いずみ治療院をフォローする
いずみ治療院

コメント