東洋医学の病理・病証

スポンサーリンク
東洋医学

東洋医学の病理・弁証

東洋医学的な診察法(望診・聞診・問診・切診)を用いて、導き出された病像を「」といいます。

また、診察・診断・治療方針の決定・実際の治療という流れで進めていかれますが、東洋医学ではこの過程を「弁証論治」といいます。この弁証論治の弁証とは、証を決めることです。

東洋医学的診察法

弁証には八綱弁証、六淫弁証、気血津液弁証、臓腑弁証、経絡弁証、六経弁証、衛気営血弁証、三焦弁証などがあります。

東洋医学の病理/気血津液弁証

東洋医学の病理/臓腑弁証

八綱弁証 

八綱とは、表裏・寒熱・虚実・陰陽の8つをいい、病を認識する上で基本となるものです。この相対する4種類の概念によって病を診察し、治療方針を示していくことを八綱弁証といいます。

①表裏・・・病の深浅(病位) 

②寒熱・・・病の性質(病性または病情) 

③虚実・・・病の勢い・抵抗力・正邪の盛衰(病勢) 

④陰陽・・・病証の総括(八綱の総綱) 

  • 陰・・・裏・寒・虚 
  • 陽・・・表・熱・実 

相兼 

  • 八綱のうちの二綱以上の症候が同時に見られる事
    例)表寒、表熱、虚寒、虚熱 
  • 表裏・寒熱・虚実を組み合わせると、8通り 

転化 

  • 八綱のうち、対立する一綱の症候が、もう一方の 症候に変化すること
    例)表証から裏証、寒証から熱証、実証から虚証 

挟雑 (きょうざつ)

  • 性質の相反する症候が同時にみられること
    例)寒熱挟雑、虚実挟雑 

表裏(病位) 

  • 表裏は病気の位置(病位を表す言葉である 
  • 病が体表の浅い部分にあるものを表証、体内の深部にあるものを裏証、表と裏の間にあるものを半表半裏証という 

表証 

  • 六淫の邪気が皮毛、口鼻から体内に侵入 
  • 表証は外感病の初期によく見られ、発病が急であり変化が速く病程が短いという特徴がある 

①臨床所見 

  • 悪寒(悪風)・発熱 
  • 項背強 
  • 浮脈 
  • 薄白苔 
  • その他・・・鼻閉・鼻汁・頭痛など 

②治療 

  • 治則
    解表(げひょう)
     
  • 治療穴
    曲池・風池(去風解表)
    合谷・大椎(疏風解表)
    支正・陥谷(解表清熱)
    陶道(解表) 
  • 手法
    毫鍼で浅刺、瀉法を用いる
    虚しているものには平補平瀉法を用いる 

 半表半裏証 

半表半裏とは表と裏の中間位を言い、横隔膜に隣接する臓器類のある部位を指し、この部位に病が存在するときを半表半裏証といいます。

臨床所見 

  • 往来寒熱
    悪寒と発熱が交互に現れる
     
  • 胸脇苦満
    胸から季肋下にかけて充満した状態が
    あって、この部に按圧すると抵抗と圧痛を訴える 
  • 口苦
    口が苦く感じる事
     
  • 弦脈 
  • その他・・・咽乾、眩暈 

②治療 

  • 治則
    和解表裏(和解少陽)
     
  • 治療穴
    中渚、外関、足臨泣など
     

 裏証 

疾病が深い部位、臓腑・気血・骨髄などにある症候のことです。

①原因・・・裏証の病因は様々であり、病因も広範囲に及ぶ 

  • 表邪が解除されず、表から裏に入る(表裏の転化) 
  • 六淫の邪気が直接臓腑を侵す(直中) 
  • 内傷七情(精神ストレス)、飲食労倦などによって引き起こされる 

②臨床所見 

  • 代表的な症候は沈脈、舌苔厚などである 
  • 但し、表裏二つの角度から症状を捕えるときは表証を除外できたときはすべて裏証とみなす 

③治療 

  • 治則
    和裏
     
  • 手法
    毫鍼で深く刺し、置鍼時間も長くする
     

※裏証の病因は様々であり、病位も広範囲に及ぶ実際の治療は多種多様である 

寒熱(病情・病性) 

寒熱は疾病の性質を区別する言葉です。寒証と熱証は身体の陰陽の平衡状態を反映したものをいいます。

寒証 

①原因 

  • 寒邪の侵襲 
  • 陰盛あるいは陽虚 

②臨床所見 

  • 表寒証
    病の位置が浅く、病の初期状態

    a 悪寒・発熱・・・悪寒が強く発熱は軽い
    b 頭痛、身体痛
    c 無汗
    d 舌苔薄白
    e 脈浮緊 
  • 裏寒証
    a 喜温・・・寒がり温まるのを好む
    b 顔面蒼白
    c 四肢が冷える
    d 口淡で口喝はない
    ※口淡・・・食物の味がわからないこと
    e 小便清長
    f 大便は水様あるいは泥状
    g 舌質淡・舌苔白
    h 脈沈遅 

③治療 

  • 治則
    表寒証は温散解表、裏寒証は温中去寒
    補陽法など 
  • 治療血および手法
    a 温散解表法…大椎、風池、合谷、飛揚などを用いる。鍼にて瀉法を施し、刺鍼後、施灸を加えて発汗解表をはかる
    b 温中去寒法
    上脘、中脘、建里、梁門、気海、
    足三里、脾兪、胃兪などを用いる。
    鍼は補法
    を施す。灸を加えても良い
    c 補陽法
    脾兪、腎兪、関元、気海、足三里など
    を用いる。鍼は補法を施す。灸法を併用すべき 

熱証 

①原因

  • 熱邪の感受
  • 陽盛あるいは陰虚 

②臨床所見 

  • 表熱証
    a 発熱が強く、悪寒が軽い
    b 頭痛
    c 有汗
    d 舌辺、舌尖部が紅
    e 脈浮数 
  • 裏熱証
    a 身熱・面紅
    b 喜冷…がり冷えるのを好む
    c 口喝があり、冷たいものを飲みたがる
    d 煩躁多言(はんそうたごん)
    ※胸中の熱と不安を煩、手足をばたつかせることを躁という
    e 小便短赤・大便燥結
    f 舌質紅・舌苔黄
    g 脈数

※裏熱証には陰虚証も含まれる 

③治療

  • 治則
    表熱証は清熱解表、裏熱証は清熱瀉火
  • 治療穴および手法
    a 清熱解表法
    外関、合谷、大椎、曲池などを
    用いる。鍼にて瀉法を施す
    b 清熱瀉火法
    曲池、合谷、内庭、曲沢、委中
    などを用いる。鍼にて瀉法を施す。曲沢、委中には点刺瀉血する
    c 
    養陰清熱法
    間使、後渓、三陰交、然谷
    などを用いる。鍼にて補法を施す 

虚実(病勢) 

虚実とは正邪の盛衰の状態をみる言葉です。正気不足であれば虚証として現れ、邪気が盛んであれば実証として現れます。

虚証 

  • 正気が虚弱なために現れる病理的な状態を総称 
  • 正気の不足(気・血・陰・陽・精など)や臓腑機能の低下を指す 
  • 邪気に対する正気の抵抗力は低下しているため、正邪の間に激しい闘争はみられない 

①原因 

  • 先天的な体質虚弱(先天の精不足) 
  • 慢性疾患に伴う体力消耗 
  • 過度の疲労・飢餓・性生活の不摂生 
  • 出血・激しい発汗・急激な嘔吐や下痢に伴う消 
  • 精神的なストレスによる体力消耗 
  • 病邪の侵入による病理的反応で生じた機能的・ 物質的な消耗 

②体質 

  • 骨肉がすんなりしてか細く、胃腸が弱く、無力的な体質の人に多くみられる 

③臨床所見 

  • 喜按・・・痛部を按じると軽快して喜ぶ 
  • 脈は濡(なん)・弱・微・虚など 
  • その他…呼吸や語勢が弱い、下痢をする、汗をかく、小便頻数、筋肉に弾力がないなど 

実証 

  • 邪気の有余、臓腑機能の亢進を意味する 
  • この場合の邪気は六淫・七情・痰飲・瘀血・飲食労倦などといった様々な発病因子を包括する概念である 
  • 邪気のみならず正気も比較的旺盛であり抵抗力も強いので、正邪の闘争は激しくなる 

①原因 

  • 外感六淫 
  • 飲食不節 
  • 寄生虫・外傷など 
  • 精神的ストレスや安生の抑鬱による自律神経系の過緊張・過亢進 
  • 体内の機能失調や機能低下によって生じた病理的産物(痰飲・水腫・瘀血・気滞など) 

②体質 

  • 骨肉ががっしりとして胃腸が丈夫で生命力が旺盛な 体質の人に多くみられる 

③臨床所見 

  • 拒按・・・痛部を按じると増悪し拒む 
  • 脈は弦・洪・滑・実など 
  • その他・・・呼吸や語勢が荒く強い、無汗、便秘、小便の回数が少ない、筋肉に弾力性があるなど 

陰陽 

陰陽とは八綱を統括する総綱です。

  • 陰証
    生体反応が沈滞、減弱している病状

    寒証、虚証 
  • 陽証
    生体反応が発揚・増強している病状

    熱証、実証 

※病変を表す病理現象は複雑で錯綜しているため、実際には陰証・陽証という大まかな区分を行う必要性はあまりない 

東洋医学
スポンサーリンク
いずみ治療院をフォローする
いずみ治療院

コメント