東洋医学的診察法

スポンサーリンク
東洋医学

東洋医学的診察法 

東洋医学において診断の目的は、証を決定することです。その証を決定するためには様々な情報が必要となります。その情報を集めるために行われる診察法には4つあり、四診といいます。

四診 

  • 望診(神技)・・・視覚により患者の全身および局所の状態を観察すること 
  • 聞診(聖技)・・・聴覚と嗅覚により患者の声や分泌物などのにおいの異常を知ること 
  • 問診(工技)・・・患者あるいはその家族から疾病の発症や発展の経過、現在の症状およびその疾病に関連のある状況などを詳しく尋ねること 
  • 切診(巧技)・・・患者の脈を診たり、腹部や手足およびそのほかの部位を触診すること 

舌診

望診の一種で、舌の状態を診察することをいいます。

健康な人の舌の状態 

舌質の色

  • 淡紅色 

舌体の形態 

  • 萎縮や腫脹、強ばりや歪みがなく、裂紋や点刺も ないなど、特別な形態変化がない 

舌苔の色と性質 

  • 舌の中心部に薄い白苔があり、適度に潤いがある 

※舌体・・・舌の肌肉や脈絡組織をいう 

※舌苔・・・舌の上に付着している苔状のもの 

舌色(舌質の色) 

淡紅色 

  • 正常な舌色 
  • 正常・表証でみられる 

淡舌(淡白舌) 

  • 正常な舌色より淡白なもの 
  • 陽虚、気血不足、寒証でみられる 

紅舌(鮮紅色 

  • 正常な舌色よりも赤いもの 
  • 熱証でみられる 

絳舌(深紅舌) 

  • 舌色が深紅色 
  • 熱極を示し、重症の内熱でみられる 

紫舌(青紫舌 暗紫舌) 

  • 舌色が青紫であるもの 
  • 血瘀でみられる 
  • 血瘀の原因としては、寒と熱の2つのケースがあり、乾いて潤いのないものは邪熱熾盛による陰液損傷である場合が多く、湿潤しているものは陰寒内盛によるもとの考えられる 

舌形(舌の形態) 

胖舌(はんぜつ)、胖大舌(はんだいぜつ) 

  • 舌体が腫れて大きいもの 
  • 陽虚(舌質淡)、熱盛(舌質絳)でみられる 

痩舌(そうぜつ) 

  • 舌体がやせて小さく薄いもの 
  • 気血両虚(舌質淡)、陰虚(舌質紅絳)でみられる 

歯痕舌(しこんぜつ) 

  • 舌体のふちに歯のあとがあるもの 
  • 胖大舌に伴って起こるものが多く、脾気虚または湿盛でみられる 

舌苔の色 

白苔・・・正常、表証、寒証でみられる 

黄苔・・・熱証、裏証でみられる 

舌苔の厚さと性質 

薄苔 

  • 苔が薄く、見底できるも 
  • 正常、表証、虚証でみられる 

※見底・・・薄い舌苔を通してぼんやり舌体がみえる事 

厚苔 

  • 苔が厚く、見底ができないもの 
  • 裏証、実証でみられる 

潤苔 

  • 苔に潤いがあるもの 
  • 正常(津液の未損傷)、湿邪でみられる 

燥苔 

  • 苔が乾いているもの 
  • 津液や陰液の損傷でみられる 

滑苔 

  • 苔の水分過多 
  • 水湿の停滞でみられる 

膩苔(じたい) 

  • 苔がねっとりし、剥離しにくいもの 
  • 痰飲、湿濁でみられる 

腐苔(ふたい) 

  • 苔がおから状を呈し、剥離しやすいもの 
  • 食積(胃の消化不良)、淡濁でみられる 

舌の部位と臓腑の関係

舌の各部には臓腑が配当されており、舌の変化で臓腑の病を判定することもできます。

  • 舌尖部・・・心・肺
  • 舌中部・・・脾・胃
  • 舌辺部(舌の側面)・・・肝・胆
  • 舌根部・・・腎

脈診

切診の一種で、血管の拍動を触診し、陰陽虚実や臓腑、経脈の異常などを判定する診察法です。

脈は一般には前腕前面下部の橈骨動脈拍動部に触れて行います。 

①浮脈 

  • 軽く触れると感じ、重く按ずると減弱するが、空虚ではない 
  • 表証などでみられる 

②沈脈 

  • 軽く按じても感じず、重く按じて触れる 
  • 裏証でみられる 

③遅脈 

  • (術者の)一呼吸間に三拍以下の遅い脈 
  • 寒証でみられる 

④数脈(さくみゃく) 

  • (術者の)一呼吸間に六拍以上の速い脈 
  • 熱証でみられる 

⑤虚脈 

  • 浮・中・沈でともに拍動が細く、力ない脈 
  • 虚証でみられる 

⑥実脈 

  • 浮・中・沈でともに拍動が大きく太く力強い脈 
  • 実証でみられる 

⑦滑脈 

  • 珠を転がした様に滑らかでやや速く力強い脈 
  • 痰飲、妊娠などでみられる 

⑧濇脈(しょくみゃく) 

  • ざらざらとして、刀で竹を削るときのように抵抗のある脈 
  • 血瘀、血虚でみられる 

⑨弦脈 

  • 弓弦を張ったように、按じても沈まない力強い脈 
  • 肝・胆の病、半表半裏証などでみられる 

⑩緊脈 

  • 緊張していて、張り詰めた藁を按じる様な脈で弦脈よりもっと堅く緊張した脈 
  • 寒証、痛証、実証でみられる 

⑪緩脈 

  • (術者の)一呼吸に四拍で、脈の去来が緩慢な脈 
  • 脾胃虚弱、湿邪でみられる 

⑫細脈 

  • 糸のように細いがはっきりと触れる脈 
  • 気血両虚、諸虚労損(体が疲弊している状態)でみられる 

疼痛の問診

痛みの性質 

脹痛 

  • 脹った感じ、膨満感を伴う痛み 
  • 気滞でみられる 

刺痛 

  • 錐で刺したような痛み 
  • 血瘀でみられる 

酸痛 

  • だるい痛み 
  • 虚証、湿証でみられる 

重痛 

  • 重く感じられる痛み 
  • 湿証でみられる 

冷痛 

  • 冷えを伴う痛みで、温めると軽減するもの 
  • 寒証でみられる 

灼痛 

  • 灼熱感を伴う痛みで、冷やすと軽減するもの 
  • 熱証でみられる 

絞痛 

  • 絞められるような痛み、絞扼痛、疝痛 
  • 寒証、血瘀、結石でみられる 

隠痛 

  • 我慢できる持続性の鈍痛 
  • 虚証でみられる 

掣痛(せいつう) 

  • 引っ張られるような痛み 
  • 肝の病証でみられる 

空痛 

  • 疼痛部位に空虚感を伴うもの 
  • 気血精髄の不足でみられる 

痛みの緩解と増悪 

拒按 

  • 疼痛部位に触れたり、按圧したりすると疼痛が増強する 

喜按 

  • 疼痛部位を按圧すると、疼痛が軽減または消失 
  • 虚証でみられる 

喜温 

  • 温めると疼痛が軽減する 
  • 寒証でみられる 

喜冷 

  • 冷やすと疼痛が軽減する 
  • 熱証でみられる 

まとめ

東洋医学的診察法には4つある

  • 望診・・・姿勢や顔色、舌の状態などの視覚的情報
  • 聞診・・・声などの聴覚的情報や口臭や体臭などの嗅覚的情報
  • 問診・・・主訴、現病歴、既往歴、家族歴などを患者に質問する
  • 切診・・・患者に直接触れて診察する、脈診や腹診などがある
東洋医学
スポンサーリンク
いずみ治療院をフォローする
いずみ治療院

コメント