腰部脊柱管狭窄症

スポンサーリンク
腰痛

腰部脊柱管狭窄症

腰部の脊柱管内の神経組織(馬尾・神経根)と周囲組織(靭帯・骨・軟骨)とが、何らかの要因で破綻し、神経症状が出現した状態をいいます。主な原因は、神経組織に対する周囲組織の機械的圧迫が考えられます。

中高年になって発症する人が多いのも特徴です。

分類 誘因・原因

先天性脊柱管狭窄症 脊柱管が正常より狭く成長したために生じた狭窄
後天性脊柱管狭窄症 変形性腰椎症、腰椎すべり症によるものがほとんど

変形性腰椎症は男性に多く、腰椎すべり症は女性に多い

合併狭窄症 先天性脊柱管狭窄症と後天性脊柱管狭窄症が合併したもの

後天性脊柱管狭窄症に椎間板ヘルニアが合併したもの

病態生理

脊柱は24個の椎骨が積み重なるように形成されていて、椎孔が縦貫して管状のトンネルとなっています。

脊柱管内には脊髄や神経、血管が通っており、脊柱管が狭くなると神経を圧迫したりして、様々な症状が出ます。

検査法

理学検査

ケンプテスト 

(体位)座位または立位 

(方法)斜め後方に位置し、片方の手で肩を押さえ、もう一方の手の母指は検査する腰椎側を圧す。母指を当てた斜め後方へ体を反らせる。 

(判定)下肢後側へ痛みが走れば陽性。

画像診断

  • MRI
  • CT
  • ミエログラフィー
  • 神経根造影

症状・臨床所見

腰部脊柱管狭窄症では、間欠跛行が特徴的です。間欠跛行とは、続けて歩けない状態のことをいい、少し歩くと下肢に疼痛やしびれといった症状が出ます。

間欠跛行には、腰部脊柱管狭窄症でみられる神経性間欠跛行と閉塞性動脈硬化症でみられる

血管性間欠跛行とがあります。

神経性間欠跛行では、体感を前屈したり、しゃがみ込んで休息をとることで、下肢に出現した症状が改善し、再度歩き出すことができるようになります。

閉塞性動脈硬化症の血管性間欠跛行の場合、足背動脈の拍動が弱くなっており、姿勢に関係なく急速により症状が改善されます。

これらの特徴の違いにより神経性間欠跛行か血管性間欠跛行かを鑑別することができます。

また、脊柱管狭窄症は、神経が絞扼される場所によっても症状が異なります。

違いは以下の通りです。

馬尾型脊柱管狭窄症 両下肢、臀部、会陰部の異常感覚(しびれ、灼熱間、ほてり)

下肢の脱力感

神経根型脊柱管狭窄症 下肢や臀部の疼痛

姿勢が大きく影響

混合型脊柱管狭窄症 馬尾型と神経根型の混合

治療法

治療としては、大きく保存療法と手術療法とがあります。保存療法が無効な場合に手術療法がとられますが、ここでは、保存療法について述べさせていただきます。

手技療法

後天性脊柱狭窄症の原因で多くみられるのが、腰椎すべり症です。腰椎すべり症を引き起こす原因となる筋肉に呈してアプローチをしていくと効果的です。

腰椎すべり症とは、腰椎が前方にずれている状態のことをいいます。この症状を引き起こす原因の一つに筋肉が硬くなっていることが挙げられます。

その筋肉とは

  • 大腰筋
  • 大腿筋膜張

長年の腰痛に悩まされている方必見 大腰筋

その他治療法

  • 保存療法:コルセット、牽引療法、鎮痛剤等 
  • 日常生活指導・姿勢指導
腰痛
スポンサーリンク
いずみ治療院をフォローする
いずみ治療院

コメント