腰痛は腰を揉んでも治りません

スポンサーリンク
腰痛

腰痛治療は骨盤の歪み(傾き)に注目

腰痛持ちの方で、腰を揉んでもらって腰痛が治ったという方、どの程度いらっしゃるでしょうか?揉んでもらっていると、痛い箇所が痛気持ち良く感じるため、効いているように感じると思いますが、すぐに痛みが再発したりしませんか?

それは、多くの腰痛の原因が腰にはないからです。実際に腰痛の原因となっているのは腰以外の箇所となるわけですが、それを見極める箇所として骨盤に注目してください。

骨盤の歪みには骨盤が前に傾く前傾と、骨盤が後ろに傾く後傾とがあります。腰痛でお悩みの方は、是非骨盤の傾きに注目してみてください。

では、実際にどのように見ていくのかご紹介いたします。

骨盤前傾

まずは骨盤が前傾しているかどうかの見分け方をご紹介いたします。

壁に背中を付けて立ってください。この時、頭・おしり・かかとが壁にきちんと付くようにしてください。
次に、壁と腰との間にできた隙間に、こぶしを入れてください。
もしこぶしが入ってしまった方は、骨盤前傾タイプです。こぶしが入らなかった方は、後述する骨盤後傾タイプかもしくは骨盤の前後の傾きが正常な方となります。

もう一つチェック方法をご紹介します。

腰を前屈・後屈をしてみてください。
腰を後ろに倒したときに、腰にはりがあったり、痛みがあった方は骨盤前傾タイプの可能性が高いでしょう。

骨盤が前に傾いていると何がいけないの?

骨盤が前に傾いてしまうと、お腹を前に突き出したような姿勢になり、腰が反った状態になります。いわゆる反り腰です。
反り腰になってしまうと、姿勢を保持するための体の前側の筋肉が硬くなり、後ろ側の筋肉が弱くなってしまします。このバランスの不均衡が腰痛や体の変調をもたらしてしまいます。

骨盤前傾(反り腰)への治療アプローチ

反り腰で硬くなりやすい筋肉は次に挙げるものがあります。

  • 大腰筋
  • 大腿四頭筋

これらの筋肉が硬くなり、筋肉が縮こまっているので、これらの筋肉に対してストレッチやマッサージを行い、緩めていくと腰を後屈した際の痛みが軽減できます。

腰痛原因筋 ~大腰筋~

では逆に衰えている筋肉には次のようなものがあります。

  • 大殿筋
  • ハムストリングス
  • 下腿三頭筋

これらの体の後ろ側の筋肉が弱くなってしまうと、骨盤が前に傾く力に対抗できないのです。こういった筋肉に対してはエクササイズを行い、筋肉を増強させていく必要があります。

腰痛とおしりの関係

骨盤後傾

骨盤が後傾しているかどうかの見分け方をご紹介いたします。

前傾のチェックと同様に、壁に背中を付けて立ってください。この時、頭・おしり・かかとが壁にきちんと付くようにしてください。
次に、壁と腰との間にできた隙間に、こぶしではなく、手のひらを入れてください。
もし手のひらが入りにくかった方は、骨盤後傾タイプです。

骨盤後傾のもう一つのチェック方法もご紹介します。

腰を前屈・後屈をしてみてください。
腰を前に倒したときに、腰やおしり、太ももの裏にはりがあったり、引っ張られるような痛みがあった方は骨盤後傾タイプの可能性が高いでしょう。

骨盤が後ろに傾く原因は?

骨盤が後ろに傾いてしまうのは、骨盤前傾と逆のことが起こっているわけですから、体の前側の筋肉が衰え、後ろ側の筋肉が硬くなり縮こまっているのです。

具体的には大殿筋ハムストリングスや下腿三頭筋の筋肉が硬くなり、大腿四頭筋大腰筋が伸ばされたり衰えています。

骨盤が後傾すると、猫背やO脚といった不良姿勢の原因となり、肩や膝へ悪影響を及ぼしてしまいます。

骨盤後傾へのアプローチ

骨盤前傾のところでもご説明したように、硬くなっている筋肉へはストレッチやマッサージ、衰えている筋肉へはエクササイズを行うことで改善できます。

腰痛
スポンサーリンク
いずみ治療院をフォローする
いずみ治療院

コメント