膝軟骨損傷をiPS細胞で再生

スポンサーリンク
膝痛

膝軟骨損傷が再生できる

長年酷使してきた膝軟骨は、加齢とともに摩耗し損傷していきます。そうなると、膝のクッション性が失われ、膝に痛みが生じたり、膝の変形が誘発されます。

一度摩耗した、膝軟骨は再びもとに戻ることはありません。

従来は、保存療法人工関節手術などが行われていました。手術を行った患者様を見てみても、経過はあまりよろしくない方が多いように感じます。

我々治療家としても、積極的に手術をお勧めすることはできませんでした。

しかし最近、膝軟骨がiPS細胞によって再生できるようになったようです。

膝軟骨の摩耗

膝関節は、上方の大腿骨と下方の脛骨で形成されます。関節面の前面を膝蓋靱帯、内側を内側側副靱帯、外側を外側側副靱帯で、補強しています。

骨と骨との間は軟骨で覆われ、骨同士が接触することを防いでいます。しかし、膝関節は日常生活を普通に送るだけでも酷使され続け、日々摩耗しています。O脚やX脚など、膝に余計に負担がかかる場合は、更に摩耗は加速します。膝軟骨が摩耗すると、いずれ骨同士が接触し、痛みが出始めます。更には炎症、線維化と進み、変形性膝関節症へと進行していくのです。もちろん、関節の可動域制限も出現します。

iPS細胞移植による膝軟骨再生術

京都大学の山中教授が研究発表した、iPS細胞は難病を抱える人へ大きな希望を与えました。

私自身も、網膜の難病である網膜色素変性症を患う、視覚障碍者です。教授の研究が発表されたときは、私のみならず家族や知人が大いに歓迎しました。私のようにiPS細胞の実用化を心待ちにしている人は全国のみならず、世界中で大勢いらっしゃることでしょう。

京都大学医学部付属病院が、京都大学iPS細胞研究所と連携し、iPS細胞を膝軟骨の再生医療を研究してきました。そして今回、再生医療等提供基準に適合していると、認められたとのことです。

このことにより、従来は摩耗した膝軟骨はどうすることもできず、人工関節手術や保存療法で対処してきたものが、iPS細胞により再生することができるようになったのです。

まとめ

  • 膝軟骨は加齢やO脚・X脚などが原因で、摩耗する
  • 摩耗した膝軟骨は、やがて痛みや炎症、線維化を引き起こし、変形性膝関節症となる
  • 従来は、人工関節手術や保存療法が対処法だったのが、今後はiPS細胞により再生することが可能となる

日本で変形性膝関節症で苦しんでおられる方は、2500万人以上と言われています。高齢者に至っては、2人に1人は変形性膝関節症ということになります。

一度近くの整形外科に相談してみてはいかがでしょうか。

膝痛
スポンサーリンク
いずみ治療院をフォローする
いずみ治療院

コメント