東洋医学の疾病観

スポンサーリンク
東洋医学

東洋医学の疾病観

東洋医学では、内因・外因・不内外因といった様々な要因によって、正邪の盛衰が起こり、身体の調和が保たれなくなることにより、病に侵されると考えられています。

内因・外因・不内外因 

内因は精神刺激、外因は外部環境、不内外因は内因・外因どちらにも属さないものです。これらが過度となり、生理的な適応範囲を超えた場合に疾病となります。

内因(=七情) 

内因とは身体の内側から起こる病気の原因の事で、七情の過度な変化です。

七情:怒・喜・思・憂・恐・悲・驚 

①怒れば則ち気上る 

・過度な怒りは気が逆上する 

・胸脇部の脹れ・頭痛・眩暈、目の充血 

②喜べば則ち気緩む 

・過度な喜びは心気を弛緩させる 

・動悸・不眠・精神異常 

③思えば則ち気結す 

・過度な思いは気を停滞させ、脾の運化作用が失調する 

・腹の脹れ・食欲不振・軟便 

④悲しめば則ち気消す 

・過度な悲しみは肺気を消耗する 

・息切れ・声のかすれ・疲労感 

⑤恐れれば則ち気下る 

・過度な恐れは腎気を消耗させる 

・失禁・流産・記憶力減退 

⑥驚けば則ち気乱る 

・過度な驚きは気血の調和を乱し、心気を乱す 

・動悸・不眠・精神錯乱 

外因 

外因は、体外から侵入して疾病を引き起こすものをいいます。外因はその勢いが強い場合や、内因によって抵抗力が下がっているときに、侵入されやすいです。これは今でもよくあることで、イメージしやすいのではないでしょうか?

六淫 

  • 自然界には、風・暑・湿・燥・寒・火(または熱)の六気が存在し、気候・気象の変化を主っている 
  • 六気が人体の生理的な適応範囲を超えて作用すると疾病の原因となり、これを六淫あるいは六邪という 
  • 陰に属するもの:湿邪・寒邪 
  • 陽に属するもの:風邪・暑邪・燥邪・火邪 

風邪

  • 上へ外へ向かう性質がある(軽揚性)、上部や体表部を侵しやすい 
  • 衛気を侵して腠理(汗孔)を開き、津液や衛気を漏らしてしまう(開泄性) 
  • 風邪による病は変化しやすい(遊走性)、遊走性の疼痛、痒みや発疹の部位が移動する 
  • 百病の長である。ほかの外邪とともに人体に侵入することが多い(風寒・風湿・風熱など) 
  • 風病には、カゼのように発病が急で変化が速い 

暑邪

  • 上昇し発散する(炎熱性・昇散性・炎上性) 
  • 津液とともに気も消耗する 
  • 湿邪を伴うことが多い 
  • 暑病の代表的なものとして中暑(日射病)がある 

湿邪 

  • 人体の下部を侵しやすい(下注性)、下肢のむくみや下痢などを引き起こす 
  • 重く停滞する(重濁性・粘滞性)、気の運動が障害され、頭や体が重い、四肢が重だるい、分泌物や排泄物が濁ったり粘稠度が増したりする 
  • 脾胃を侵す(特に脾陽を侵しやすい) 
  • 湿病には、除去しにくい、経過が長い特徴がある 

燥邪

  • 津液を損傷しやすい(気は損傷しない) 
  • 皮膚・口・鼻などが乾燥する 

寒邪

  • 陽気を損傷しやすい(寒冷性) 
  • 気血を渋滞させ、痛みを引き起こす(凝滞性) 
  • 収縮・収斂の作用を持つ(吸引性) 
  • 臓腑を直接侵すことがある(寒邪直中) 
  • 風邪と交じり合って風寒の邪となり感冒を引き起こす 

火邪(熱邪) 

  • 暑以外の外熱 
  • 陽性の邪気であり、上昇しやすい(炎上性) 
  • 生風(現在の脳血管疾患)、動血しやすい
  • 生風とは、陰虚により体内で陽気が亢進して風(内風)を生じた状態 
  • 動血とは熱により血の流れが勢いを増した状態 
  • 腫瘍を形成しやすい 

疫癘の気(癘気) 

  • 強烈な伝染性の疾病を引き起こす気 
  • 口や鼻から身体に侵入する 
  • 外邪は体表または口や鼻から侵入し、一般には皮毛、孫脈、絡脈、経脈、腑、臓の順に侵していく 
  1. 感・・・感じるということで、ごく軽いものをいい、皮毛が侵された状態 
  2. 傷・・・傷(やぶ)られるということで、外邪が深く侵入したもので、経脈が侵された状態 
  3. 中・・・中(あた)るということで、病邪が最も深い所を侵したもので、臓腑が侵された状態 

不内外因 

不内外因とは、内因・外因どちらにも属さない疾病のことです。

例)飲食の不摂生、心身の過労(飲食労倦)、性生活(房事)の不摂生、不規則な生活、不適当な住居環境、外傷、虫刺され、鳥や獣の毒など 

飲食 

  • 不適切な飲食を飲食不節という 
  • 冷たいものや生ものの取りすぎでは陽気(脾陽)を損傷 
  • 脂っこいものや体を温めるものの取りすぎでは胃腸(特に胃)に熱邪を生じる 

労倦 

労=過労 

倦=運動不足 

  • 心労(精神的な疲労)は心血の消耗や脾胃の運化機能の失調を引き起こす 
  • 身労(肉体的な疲労)は気血を消耗する 

房事 

  • 房事過多は腎精を消耗させ、腎虚を引き起こす 

内生の五邪 

臓腑や生理物質の失調により、六淫に身体を侵されているときと同じような状態になる事があります。これを内生の五邪といいます。

内風

陽盛、血虚、陰虚(陽亢)により痙攣、振戦、 眩暈などの症状が引き起こされる。内風は肝の機能失調と関連がある 

内寒

臓腑の機能失調による陽気の不足 

寒性の飲食物の過食による陽気の損傷 

内湿

脾・肺・腎・三焦の機能失調などによる水液 の代謝障害を起こし、浮腫・下痢等引き起こされる 

内燥

多尿・多汗・嘔吐などにより陰液が流出し、 陰液が不足することで、様々な乾燥症状が引き起こされる 

内熱・内火

臓腑の機能失調による陰液の不足

湿痰や血瘀の熱化。熱性の飲食物の過食などにより熱症を呈する 

まとめ

東洋医学における疾病とは様々な要因によって正気が衰えたり、邪気が盛んになったりして、身体の調和が保たれなくなり引き起こされる

  • 内因・・・七情
  • 外因・・・六淫・疫癘
  • 不内外因・・・内因でも外因でもないもの
東洋医学
スポンサーリンク
いずみ治療院をフォローする
いずみ治療院

コメント