太もも後面の筋肉~ハムストリングス~

スポンサーリンク
筋肉解説

太もも後面の筋肉~ハムストリングス~

ハムストリングスは太もも(ハム)とヒモ(ストリングス)に由来します。

歩行や走行に非常に重要な役割を果たすため、陸上選手やサッカー選手などはハムストリングスが非常に発達しています。

ハムストリングスの概要

ハムストリングスとは、太ももの後面にある大腿二頭筋半腱様筋半膜様筋から構成されます。

大腿前面を構成している大腿四頭筋と対になる筋群であり、 股関節と膝関節を跨ぐ多関節筋で股関節の伸展膝関節の屈曲を主に担っています。

大腿二頭筋は太もも後面の外側、半腱様筋・半膜様筋は太もも後面の内側にあり、それぞれ外側ハムストリングス、内側ハムストリングスとも呼ばれます。

ハムストリングスの起始・停止

起始・・・筋の両端のうちで筋が収縮するとき、動きの少ない端のこと

停止・・・筋の両端のうちで筋の収縮するとき、動きの大きい端のこと

大腿二頭筋長頭 起始 坐骨結節
停止 腓骨頭
大腿二頭筋短頭 起始 大腿骨粗線外側唇の中部1/3と外側筋間中隔
停止 腓骨頭
半腱様筋 起始 坐骨結節の内側面
停止 脛骨粗面の内側(鵞足)
半膜様筋
起始 坐骨結節
停止  脛骨の内側顆

ハムストリングスの支配神経

大腿二頭筋短頭 総腓骨神経(L₄~S₂)
大腿二頭筋長頭 脛骨神経(L₄~S₃)
半腱様筋
半膜様筋

ハムストリングスの作用

大腿二頭筋短頭
  • 膝関節屈曲
大腿二頭筋長頭
  • 膝関節屈曲
  • 股関節伸展
半腱様筋
半膜様筋

※大腿二頭筋短頭は起始が大腿骨粗線外側唇のため、股関節伸展の作用はない

ハムストリングスの日常生活動作

  • 歩行や、前掲した体制から状態を起こす銅などに使われる
  • ランニングやダッシュなどの相国寺に足を前方に繰り出す際、膝下にブレーキをかける
筋肉解説
スポンサーリンク
いずみ治療院をフォローする
いずみ治療院

コメント