新型コロナウィルス対策 消毒について

スポンサーリンク
未分類

新型コロナウィルス対策 消毒について

2020年4月時点で、薬局・スーパー・ドラッグストアのどこを探しても、アルコール消毒液がありません。

棚に残ってて、「これってどうなの?」という商品も結構ありますよね。

今回は消毒について、お伝えしていきます。

消毒・滅菌の定義

消毒の定義

病原性の微生物を破壊し、感染力を失わせること

非病原性微生物は対象としない

滅菌の定義

生きているすべての微生物を破壊し、感染力を失わせること

 対象部位と消毒法 

【手指】エタノール、逆性石鹸(塩化ベンザルコニウムなど)、グルコン酸クロルヘキシジン、ポビドンヨードなど

【汚物】グルタールアルデヒド、クレゾール石鹸水など 

【粘膜】ポビドンヨード、逆性石鹸(塩化ベンザルコニウム)など 

【室内】ホルムアルデヒド(ホルマリン)、紫外線など 

科学的消毒法 

石灰酸(フェノール) 

芽胞・ウイルスには無効

刺激性が強く、最近はあまり使われない 

クレゾール石鹸水 

芽胞・ウイルスには無効

時間の経過で消毒力低下

刺激性が強い 

エタノール 

芽胞には無効

70%の濃度で使用がおすすめ

揮発性あり 

イソプロパノール 

芽胞には無効

皮膚や目への刺激性

吸入で毒性がある 

逆性石鹸 

芽胞・結核菌には無効

有機物の存在や普通石鹸との併用で殺菌力低下 

クロルヘキシジン 

芽胞・結核菌・ウイルスには無効

普通石鹸との併用不可

過敏症の人がいる 

次亜塩素酸ナトリウム 

結核菌には無効

B型肝炎ウイルスに有効

金属腐食性あり 

ポピドンヨード 

B型肝炎ウイルスには無効

刺激性は弱い 

ヨウドチンキ 

B型肝炎ウイルスには無効

刺激性が強い 

ホルムアルデヒド 

刺激臭・組織毒性あり

室内への噴霧可 

グルタールアルデヒド 

人体には不適

B型肝炎ウイルスに有効 

オキシドール 

芽胞・真菌には無効

創傷面の洗浄などに使用される 

エチレンオキサイドガス 

すべての微生物を滅菌できるが、ガスは人体に有害 

物理的消毒法 

乾熱

①火炎滅菌法 

焼き捨ててよいものが対象 

②乾熱滅菌法 

乾熱滅菌器を使用

高温に耐える物が対象 

湿熱

①煮沸消毒法 

シンメルブッシュ消毒器を使用

芽胞には無効 

②低温殺菌法 

牛乳、ワイン、熱に弱いものなどが対象 

③平圧蒸気滅菌法 

コッホ釜を使用

芽胞には無効(3回程度繰り返す間歇滅菌は有効) 

④高圧蒸気滅菌法 

オートクレーブを使用(121度の場合15分) 

光線 

①日光消毒法 

衣類、寝具、書籍などが対象

効果は不確実 

②紫外線殺菌法

表面のみに作用する

人体には目や皮膚に有害 

③放射線殺菌法 

透過力が高く、ディスポ製品などに用いられる

手指消毒

通常は、逆性石鹸で手指を洗浄

完全に乾かしてからエタノールで消毒

新型コロナウィルスを理解するためには、まず基礎を知ろう

未分類
スポンサーリンク
いずみ治療院をフォローする
いずみ治療院

コメント