1年で20Kg痩せたダイエット体験談

スポンサーリンク
ダイエット

1年で20kgのダイエットに成功

私は、現在42歳の中年男性です。

小さいころからぽっちゃり体型でした。少し気を抜くとすぐ太ってしまいます。若いころは食事を摂らないで、無理なダイエットを幾度となく繰り返しました。痩せては太り、太ってはダイエットの繰り返しでした。

今も正直、見事りバウンドを果たしてしまって、ぽっちゃりおじさんと化しております。しかし、リバウンドをしましたが、2年前に行ったダイエットには、今までにない手ごたえを感じることができました。

そこで今回は皆さんに私の成功体験(?)をお伝えしたいと思います。

これまでの失敗体験

小学生の頃は、周りに比べて身長も高かったため、周りと体重を比較しても参考にならないため、自分が太っているのか、標準なのかさえわかりませんでした。でもお腹がぽっこりでているのが、とても嫌だったのを覚えています。

そのせいか、中学では部活で運動部に入りたいと思っていたところ、友達に誘われてバスケットボール部に入部しました。

意外にまじめな性格な為、部活はほとんど休まず行きました。小学生の頃には考えられなかった、トレーニングの数々で、気づけばぽっちゃり体型から脱出していました。特に食事制限などはなく、毎日毎日地獄のような基礎トレーニングを行ったおかげだと思います。

中学3年生になる前に部活を辞めて以降は、高校卒業まで特に筋トレなどは行いませんでしたが、特別太った記憶はありませんでした。

大学に入って一人暮らしを始めると、環境がガラッと変化しました。一人暮らし始めたての男性のほとんどが、おそらく直面するであろう、食生活の乱れ。一人の自由な時間が増えたことによる生活リズムのずれ。

この頃から、体重が周期的に5~10Kgの幅を行ったり来たりを始めました。暴飲暴食や生活費をケチっての栄養のバランスの悪さが原因だったと思います。

食事もきちんと摂らないのに、太ったからと部屋の中で腹筋や筋トレなどを行い、今思えば本当に無茶苦茶なダイエットを繰り返していました。

暗黒の社会人時代に突入

大学を卒業し、社会に出ると、学生時代とは違うストレスやお酒を飲む機会も増え、あっという間に学生時代よりMAX25Kgも増量されてしまいました。結婚後の食生活の変化も、追い打ちをかけたのは間違いありません。周りの友人たちも、結婚後ふくよかになった人は多いように思います。

毎日遅くに晩御飯、昼も食べたいだけ食べる。お酒も飲むけど、甘いものも食べる。現在は味の好みが変わり、甘いものはそれほど食べなくはなりましたが・・・。

それだけ食べても、運動する機会も当然のようにありません。あってもやらなかったと思います。

健康診断も毎年必ず、γGTPの値が正常値から乖離した状態。そんな状態を何年も放置していました。


気持ちの変化

そんな私にも気持ちの変化が突然訪れました。

皆さんが期待するような、劇的な出来事などではなく、本当に些細な身体の変化を感じたのです。それは、動こうとすると「身体が重い」ということです。こたつから立ち上がろうとすると、思うように身体が動かないのです。今までと同じことをしようとしても、できなかったり、難しかったりしました。

この時、初めて真剣にダイエットに取り組もうと決意しました。

しかし最も強く思ったのは、膝の痛みで困っている患者様に、ダイエットを勧めても説得力がないなと思ったことです。「お前が言うなよ」そんな言葉が返ってきそうだなと・・・。

すぐに妻に晩御飯を、炭水化物を抜いて野菜中心の食事にするようお願いしました。朝と昼は今まで通りです。

ジムに通うのはお金がかかるから、自宅で無理なく行えるトレーニングを毎日10分行いました。

雨の日以外は毎日、30~60分のウォーキングも、筋トレ後に行いました。

お酒も断ちました。

 

1年間、毎日行った結果、マイナス20Kgを実現することができました。体も筋肉がしっかりとついて、健康的に痩せることができました。

一番うれしかったのが、28インチのパンツがはけたことでした。また、今まで来ていた洋服が、サイズが合わなくなり、着れなくなったことが嬉しい悲鳴でもありました。

しかしさらに1年後、見事なリバウンドを果たしたわけですが・・・。

 

 

コメント