腕を挙げる筋肉、三角筋を解説

スポンサーリンク
筋肉解説

腕を挙げる筋肉、三角筋を解説

三角筋の概要

三角筋は、肩を覆う大きな筋で、上肢で最も体積の大きな筋です。

三角筋の起始・停止

起始・・・筋の両端のうちで筋が収縮するとき、動きの少ない端のこと

停止・・・筋の両端のうちで筋の収縮するとき、動きの大きい端のこと

前部線維
(鎖骨部)
起始 鎖骨の外側1/3の前縁
停止 上腕骨の三角筋粗面
中部線維
(肩峰部)
起始 肩甲骨の肩峰
停止 上腕骨の三角筋粗面
後部線維
(肩甲棘部)
起始 肩甲棘の下縁
停止 上腕骨の三角筋粗面

三角筋の支配神経

腋窩神経

三角筋の作用

前部線維
  • 肩関節の屈曲(腕の前方挙上)
  • 肩関節の水平内転
  • 肩関節の内旋
中部線維
  • 肩関節の外転(腕の側方挙上)
後部線維
  • 肩関節の伸展
  • 肩関節の水平外転
  • 肩関節の外旋

三角筋の日常生活動作

三角筋は肩関節の動きのすべてに関係しており、五十肩で肩が挙がらないという人は、三角筋が影響しているかもしれません。

五十肩でお悩みの方必見、ポイントは3か所

三角筋前部線維は、内旋(内側に捻る動作)の作用がある為、前部線維が硬くなると、巻き肩となってしまい、肩こりの原因となってしまいます。

三角筋と関わりの深い筋肉

アナトミートレインという筋肉の繋がりで見た時に、上肢には4つの筋連結があります。

  • 浅層フロントアームライン
  • 深層フロントアームライン
  • 浅層バックアームライン
  • 深層バックアームライン

三角筋がこの中で関わるのは、浅層バックアームラインです。

僧帽筋 → 三角筋 → 外側筋間中隔 → 前腕の伸筋群 → 手背

僧帽筋の停止は、三角筋の起始であり、僧帽筋と三角筋は密接な関係があるといえます。

筋肉解説
スポンサーリンク
いずみ治療院をフォローする
いずみ治療院

コメント