腰痛

腰痛 腰痛
スポンサーリンク
腰痛

腰部脊柱管狭窄症

腰部の脊柱管内の神経組織(馬尾・神経根)と周囲組織(靭帯・骨・軟骨)とが、何らかの要因で破綻し、神経症状が出現した状態をいいます。主な原因は、神経組織に対する周囲組織の機械的圧迫が考えられます。
腰痛

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアとは、脱出した椎間板組織が神経根を圧迫して、腰や下肢に痛みを引き起こすものをいいます。 活動性の高い若い男性に多く、20歳代に最も多いのが特徴です。
未分類

実体験!坐骨神経痛を腓骨筋で治す

自身の実体験をもとに、坐骨神経痛の治療法をご紹介します。症状などから様々なアプロ―チを試みた結果辿り着いた、オリジナル治療法です。
腰痛

筋膜で腰痛治療 ディープフロントライン

取り切れない腰痛の痛みは、足の硬さが原因かもしれません。今回は足の内側の筋膜の繋がりを使って、腰痛へアプローチしました。結果腰痛も良くなり、みぞおち周辺の痛みも取り去ることができました。
肩こり

アナトミートレインの臨床での活用

痛みの原因を評価すると、必ず筋連結を意識して施術を行っていきます。その際に参考にするのがアナトミートレインです。4つの主要なラインをはじめ、12の筋連稀有で構成されています。筋連結を意識するかどうかで、治療効果が大きく変わります。
腰痛

下腿の筋肉を緩めて腰痛を撃退 ~後脛骨筋~

腰痛の原因となる大腰筋を緩めるのに、筋膜の繋がりを利用します。脛の内側にある後脛骨筋を緩めて大腰筋を緩めていきます。
腰痛

ぎっくり腰のメカニズムと対処法

ぎっくり腰は、股関節や背中などが動きにくい状況になると、代償的に腰に負担がかかり、ぎっくり腰を誘発することとなります。股関節や背中のケアを行うことで、ぎっくり腰になるりすくが軽減されます。
腰痛

腰痛とおしりの関係

腰痛と言えば、とりあえず、おしりの硬さを確認というほど、大殿筋の確認は鉄板です。大殿筋が硬くなると骨盤が歪み、腰痛を引き起こします。
腰痛

長年の腰痛に悩まされている方必見 大腰筋

腰痛と言えば、大腰筋は鉄板です。腰を後ろに反らす(後屈)すると腰が痛む場合は、大腰筋を緩めてみましょう。
腰痛

腰痛は腰を揉んでも治りません

腰痛は腰をいくら揉んでも改善されません。大事なのは骨盤が正常な範囲よりどちらに傾いているかです。
スポンサーリンク
いずみ治療院をフォローする