東洋医学の病理/気血津液弁証

スポンサーリンク
東洋医学

気血津液弁証 

今回は東洋医学において、とても重要な気・血・津液の病理、病証についてです。気・血・津液が不足したり、逆に有り余って停滞したりしても病的な状態に陥ってしまいます。

それぞれの病態についてご紹介します。

東洋医学の生理観

気の病理と病証 

気虚証 

気の不足による臓腑の機能低下

病邪に対する抵抗力の低下 

気虚を起こしやすいのは脾 

  • 原因
    気の生成不足・・・先天の精や後天の精の不足
    気の消耗過多・・・大病・慢性病・過労・老化など
  • 症状
    声に力がない
    息切れ
    物を言うのが億劫
    眩暈(めまい)
    自汗(暑くないのに出る汗)
    感冒に罹りやすい
    舌質淡
    温煦作用の低下
    防御作用の低下
    固摂作用の低下
    気化作用の低下
    栄養作用の低下

気陥証 

気虚のため、気の固摂作用が低下し昇清が失調して起こる病的な状態

脾気虚を起こすと気陥を起こしやすい(脾気虚弱・脾気下陥)

  • 原因
    気虚
    長期の下痢
    出産過多
    産後の養生の悪さ
     
  • 症状
    気虚の症状
    内臓下垂(胃下垂・腎下垂・子宮脱・脱腸)
     

気脱証 

気虚が極限にまで悪化した病的状態 

気滞証 

気の流れが滞っている病的状態 

  • 原因
    肝の疏泄機能の失調
    飲食の不摂生による胃の食滞
    外邪による経脈の渋滞
    湿痰
    気虚による推動機能の低下
  • 症状
    脹痛
    イライラ・怒りっぽい
    抑鬱状態
    胸苦しさ・胸のつかえ
    あくび
    吐き気
    腹部膨満感 

気逆証 

気の昇降機能の失調し、気の上昇が過度になり、下降が不十分なため気が上逆した病的状態

  • 原因
    精神的抑鬱
    飲食の不摂生
    外邪
  • 症状
    肺気上逆・・・咳嗽・喘息
    肝気上逆・・・イライラ・頭痛・眩暈
    胃気上逆・・・悪心・嘔吐・曖気(しゃっくり) 

血の病理と病証 

血虚証 

血の不足、血の栄養作用が減衰している病的状態

  • 原因
    飲食物の摂取不足、脾胃の運化機能の低下による血の生成不足
    出血・血の破壊などによる循環血量の低下
    過労や慢性病などによる血の消耗過多 
  • 症状
    顔色蒼白
    眩暈
    視力障害
    不眠
    多夢
    健忘(物忘れ)
    手足の痺れ
    舌質淡
    皮膚の乾燥
    大便の乾燥
    髪に艶がない

血瘀証 

瘀血・・・滞った血や出血によって脈外に出た血

血瘀・・・血の運行が緩慢となったり停滞したりして起こる病的状態、瘀血によって起こされる病的状態

  • 原因
    気虚や気滞による気の推動作用の低下
    血虚による血量の減少
    寒邪による経脈の収縮
    熱邪による血の粘り気の増加
    外傷による出血 
  • 症状
    固定性の刺痛
    拒按
    夜間に強くなる疼痛
    腫塊の形成
    小腹急結(下腹部、左腸骨窩に硬結ができる)
    チアノーゼ
    舌質紫暗
    舌の裏の絡脈の怒張
    濇脈
     

 血寒証 

  • 血分に寒が鬱積して凍えた病的状態 
  • 原因
    寒邪の感受、寒性の飲食物の過剰摂取 
  • 症状
    手足や体の冷え
    悪寒
    喜温
    拒按
    固定性で激しい痛み
    脈遅
     

 血熱証 

血分に熱が鬱積して血行が加速した病的状態 

  • 原因
    熱邪の侵襲、辛い物や味の濃いものの過剰摂取、精神的抑鬱 
  • 症状
    各種出血 

津液の病理と病証 

津傷証 

津液が不足した病的状態 

  • 原因
    飲食物の摂取不足による津液の生成不足
    発汗・嘔吐・下痢・多尿による津液の喪失
    慢性病による津液の消耗過多
    熱による津液の損傷 
  • 症状
    目・鼻・口・のとの乾燥
    皮膚のざらつき
    髪の艶がなくなる
    尿量減少
    便秘
    舌質紅 

水湿証 

余分な津液が体内に停滞し、邪となった状態 

  • 原因
    脾・肺・腎・膀胱・三焦などの機能失調による津液の代謝障害 
  • 症状
    体が重い
    浮腫
    腹水
    悪心
    嘔吐
    尿量減少
    舌苔膩(ねっとり、おから状)
     

寒湿証

水湿の邪が寒性をもったもの

  • 原因
    陽虚傾向の人に起きやすい
  • 症状
    手足や服の冷え
    関節の重だるさ
    舌苔白膩
    脈滑
    寒くて湿気の多いと増悪

湿熱証

水湿の邪が熱性をもったもの

  • 原因
    陰虚傾向の人に起きやすい
  • 症状
    口が粘る
    口苦
    尿が黄色く濁る
    尿や大便が臭い
    関節が重く痛む
    関節の腫れや発赤
    舌苔黄膩
    脈滑
    暑くて湿気が多いと増悪

痰飲証 

水湿の邪が体内で長く停滞したために凝縮したもの 

湿痰 

津液が病的産物となったものを湿・水・飲・痰といい、これらを総称して湿痰という 

  • 湿
    津液が全身に広がって停滞した状態
    希薄な水液
    身体の重だるさ
    浮腫
    下痢

  • 湿よりも濃密な状態で停滞

  • 水よりもさらに濃密な状態で停滞
    腹鳴
    動悸
    喘息
    浮腫

  • 凝集して固形物に近い状態
    気血の流れに沿って全身に移動し様々な症状を引き起こす
    咳嗽
    動悸
    頭痛
    眩暈
    意識障害

精の病理と病証 

腎精不足(精虚)

原因
飲食の不摂生
房事過多
過労
慢性病
多産・堕胎
熱による陰液の消耗

症状
先天不足・・・発育の遅れ、虚弱体質
生殖の失調・・・性欲減退、勃起障害、無月経、閉経、不妊
滋養不足・・・腰や膝がだるく力が入らない(腰膝酸軟)
髄海不足・・・耳鳴り、難聴、眩暈、脱毛、健忘

東洋医学
スポンサーリンク
いずみ治療院をフォローする
いずみ治療院

コメント